汗っかき 多汗症 原因

多汗症の原因および治療薬について

多汗症とは、遺伝やなんらかの理由で汗が大量に出てしまうことを言います。
その量は、もはや日常生活に支障をきたすほどだと言われています。

 

多汗症は遺伝であることもありますが、ホルモン分泌異常の病気であることも多いです。

 

ホルモン分泌異常の病気とは、甲状腺機能障害やバセドウ病、
私立神経失調症などがあります。

 

これらの病気が原因の多汗症の場合は、『一部分だけ』ではなく、
『全身』の汗が止まらなくなるという特徴があります。

 

その他にも、肥満や過度なダイエット、
生活リズムの乱れやストレスが原因で多汗症になることもあります。

 

多汗症を治す方法には手術や注射がありますが、
薬を使って治療することもあります。

 

多汗症によく使われるのは『抗コリン製剤』と呼ばれる薬です。

 

汗腺に向かう交感神経を遮断することが出来るので、
多汗症の治療には非常に効果的だと言われています。

 

他にも、塩化アルミニウム液や塩化ベンザルコニウム液を用いた外用薬もあります。
多汗症に効果のある薬は、漢方などもあります。

 

多汗症の『原因』によってどのような漢方を選べば良いかは変わってきます。
漢方はドラッグストアなどでも売られていますので、手軽に購入することが出来ますよ。

 

もちろん多汗症を治すために薬を使うことは悪いことではありません。
ただ、薬だけに頼りきってしまうのはいけません。

 

多汗症の原因が精神的なものや生活習慣から来るものだった場合、
その原因を取り除かなければいつまでたっても多汗症は治らないと思います。

 

自分の多汗症の原因が何なのかを知り、
原因を取り除くための努力は忘れてはいけませんね。

 

下記におすすめの方法を紹介していますから、参考にしてみてください。


汗の臭いや多汗症の原因とは?

『汗をかく』という行為は、人間なら誰にでもあるものです。
体温調節のために汗をかくのは当たり前のことですよね。

しかし、中には人よりも汗が多い、自分は汗っかきだと言うような人がいます。
また汗が大量に出ることで、体臭が悩みの人もいるでしょう。

確かに、汗の量には個人差があります。
一般的に『汗っかき』と呼ばれる人の原因とは、一体何なのでしょうか。

本来汗は、体温調節の働きがあります。
汗を出すことで体温を下げているのです。

しかし、体温調節以外にも様々な原因によって汗は出ます。

たとえば辛いものなどの刺激物を食べたとき、
額や鼻の頭に汗をかくことがありますよね。

これは『味覚性発汗』と呼ばれています。

また、人前で発表するときや緊張したときなどに、
脇の下や手に汗をかくこともあります。

これを『精神的発汗』と呼んでいます。

体温調節以外で汗がたくさん出るのは、
この『精神的発汗』であることが多いです。

精神的発汗には、ストレスが多いに関係しているそうです。

また、痩せている人よりも肥満の人の方が汗が多いと言われています。

肥満の人は体温の上昇が激しいため、
体温を下げるために汗がたくさん出る、というわけです。

ですから、肥満でなおかつ汗っかきで困っているという人は、
適切なダイエットをして肥満を解消すると汗っかきも解消されることが多いですよ。


しかし、あなたが特に太っていないのにも関わらず
汗っかきで、体臭で悩んでいるのなら、

制汗剤を使って表面的に抑えても
一時的なものになってしまうでしょう。

そのような商品に頼って、一時的に抑えられたとしても
根本の原因を改善することはできないからです。

それよりも根本的な原因をつきとめ、
この機会に多汗症・体臭を克服してはどうでしょうか?

久保田式多汗症改善7日プログラムというものがあり、
遅くても2週間で効果を実感できると口コミでも評判があります。

もちろん個人差はあるかもしれませんが、

個人それぞれの原因をつきとめて、その原因に合った対策方法を
教えてもらえるので、効果を感じやすいんですよ。

もし教えてもらったことを実践しても
多汗症が改善しない場合は、返金してもらえるので安心です。


これならあなたもリスクフリーで試すことが
できるのではないでしょうか。